商品検索 商品カテゴリー 売れ筋商品 おすすめ商品
盛り塩のご購入はこちら




塩の浄化力で運を呼ぶ。盛り塩で幸運を手に入れる。

古来よりお清めやお祓い、お供えとして使われてきた塩。塩には厄を清める作用とツキをもたらす作用の両方があり、それらをバランスよく整えてくれると言われています。その塩を家や土地の厄を払うために使う事は、風水の世界でももはや常識。毎日の生活に取り入れる人も増えています。たとえば体調がすぐれない時、不運が続いた時、ストレスがたまっている時、塩は部屋やあなた自身についた厄を落としてくれる働きをします。この厄を祓い清める効果と新しい力を生み出す効果が〈盛り塩〉です。これらをうまく活用して関連アップ運気アップを目指しましょう。


盛り塩の作り方
 
  1. お清め塩に霧吹き器で2〜3回水分を吹きかけます。
  2. ヘラかスプーンでお清め塩をかき混ぜ水分を吸収させます。
  3. 固め器に塩を少量入れて指先で押し固めます。また少量入れて押し固めるをくり返し上まで入れて固めます。
  4. 白皿を用意し皿の上に固め器を置いて上部をポンポンと指先でたたいて皿の上に三角状になるようにそっと置きます。
  5. 皿の上に三角状に出来上がれば成功です。もし上部がくずれてうまく三角が出来ない時は、初めからやり直して三角状になるようにしてください。
     

盛り塩の置き方
 
  • 家・土地の四隅に
    一戸建てなら敷地の四隅。マンションなどの場合は、自分の持っている専有部分の四隅に塩を盛ります。盛り塩に清酒をふるとさらに効果がアップします。
     
  • 玄関・出入口に
    どの方向に玄関があったとしても、盛り塩をする事で良い作用をもたらします。お店などでは入口の両脇に盛り塩をしている所が多いのですが、一般の家庭なら1か所で充分。外から持ち帰ったダメージと厄を祓い、家全体に幸運の気が入りこみます。
     
  • トイレに
    トイレは厄落としの空間。風水的にトイレに窓がないなどの問題があると、身体の不調の原因になるとされています。トイレがどの方角にあったとしても盛り塩は必須。鬼門にトイレがある場合は盛り塩をすることで健康運がアップします。
     
  • キッチンに
    盛り塩をすることでキッチンのパワーが高まり、その家の主婦が健康になるといわれています。またそのキッチンで作られた食事を摂る家族も元気になり、健康運・金運がアップします。
     
  • 浴室に
    浴室は、外で体についた厄を洗い流す場所。盛り塩をすることで家族や夫婦の愛情が強まり、金運アップにもつながります。浴室は塩が溶けやすいので、溶けてしまった場合は浴槽の中に入れて入浴しましょう。塩の浄化パワーが、溜まったストレスを絞り出してくれます。
     
  • 洗面所に
    洗面所は洗濯機を置いている家庭が多く、洗濯物についた厄が溜まりやすくなります。盛り塩を置けば家族のトラブルやもめごとの解消につながります。洗面所の蛇口や洗濯機の近くに置くとよいでしょう。また、洗濯の際にひとつまみの塩を入れれば衣服の厄払いになります。


盛り塩のご購入はこちら

RSSATOM